HOME 青森県・東通村で講演(放射線物理学部門)

青森県・東通村で講演(放射線物理学部門) 2019.7.26

 2019年7月14日に青森県東通村主催の第6回リスクコミュニケーション講演会が開催され、放射線物理学部門の床次眞司教授が「放射線による人体への影響」に関する講演を行いました。当日は村民や村内事業者ら約70名が出席し、盛況な会となりました。
 床次教授は、弘前大学における被ばく医療の取り組みや放射線等の基礎知識、放射線による人体への影響、福島第一原子力発電所事故への対応について実体験を交えながら講演し、参加された方々も積極的にメモを取るなど熱心に聞き入っていました。
 青森県には様々な原子力施設が点在しています。今回訪問した東通村でも不測の事態に備えて積極的に取り組んでいる姿勢を垣間見ることができました。
 当研究所も引き続き地域と連携を取りながら、放射線に関する正しい知識の普及等に努めてまいります。





講演会の様子



  • 福島県浪江町支援活動
  • 教員公募情報
  • アクセス
  • お問合せ
  • 国立大学法人 弘前大学
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
  • 被ばく医療人材育成推進プロジェクト
  • 弘前大学大学院保健学研究科
  • 放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
ページトップへ