HOME 地域イノベーション学系戦略的融合領域教員公募要項

地域イノベーション学系戦略的融合領域教員公募要項 2018.02.16

1.募集人員

教授 1名

2.所属

地域イノベーション学系戦略的融合領域

3.専任担当

被ばく医療総合研究所 (放射線化学部門)

4.研究分野

被ばく医療関連分野
(1) 被ばく医療の特殊検査、特に生体試料分析(バイオアッセイ)に関する分野
(2) 化学的アプローチによる内部被ばく線量評価分野
(3) 放射化学、環境分析化学、または環境放射能分野
以上の複数の分野をカバーできる者

5.担当

(1) 生体試料分析、内部被ばく線量評価、放射化学、環境分析化学、環境放射能等に関する研究
(2) 被ばく医療総合研究所に関する事業の企画、実施
(3) 被ばく医療に関する専門教育、教養教育科目
(4) 保健学研究科博士前期・後期課程被ばく医療コースの科目

6.応募資格

(1) 博士の学位を有し、被ばく医療に関する分野を専門とする者
(2) 大学院博士前期・後期課程の主指導教員として教育・研究指導ができる者
(3) 研究所の教育研究活動を産官学連携で推進できる能力を有する者

7.着任時期

平成31年4月1日

8.任期

教授の任用期間は10年(再任は1回限りとする。ただし、特別の事情がある場合は、再任後の更なる任期の更新を認めることがある)。

9.提出書類

(1) 履歴書(別紙様式1)
 高等学校卒業以後の履歴を記載すること
 写真(5cm×5cm、半年以内に撮影したもの)を貼付すること
(2) 研究業績目録(様式自由)
 以下の分類により発行年または発表年の古い順に記載してください。主要業績(別刷提出論文)には○印を、応募者氏名についてはアンダーラインを付して下さい。
 分類は、①査読付き原著論文、②査読なし論文、③著書、④総説・解説記事、⑤招待講演(国内外)、⑥国際会議講演リスト、⑦学術関係受賞、⑧特許(登録済・審査中に区分して記載)とする。
 各分類では、著者名(全員の記載順)、題名、刊、最初と最後のページ、発行年(発表年)、著書の場合は発行所または発表会議の名称を記載すること。
(3) 研究業績目録に記載された原著論文、総説及び著書のうち主要なもの10編以上20編以内の別刷またはコピー
(4) (3)のうちの5編以内について、各編の学術的意義に関する簡潔な説明書(様式自由)
(5) これまでに獲得した競争的外部資金の実績及び学会等における活動実績(様式自由)
(6) 従前の研究活動の特徴と今後の教育研究に対する抱負を 2,000字以内にまとめたもの(様式自由)
(7) 被ばく医療総合研究所における事業の企画・実施に対する抱負を 1,200字以内にまとめたもの(様式自由)
(8) 参考意見を伺える方2名の氏名と連絡先(電話番号、E-mailアドレスを記入のこと)及び応募者との関係
*採用の場合を除き、提出書類は、後日、返却します。

10.応募締切

平成30年8月31日(金)(17 時必着)【日本標準時】

11.応募書類提出先

〒036-8564 弘前市本町66-1
国立大学法人弘前大学被ばく医療総合研究所 事務室宛
TEL:0172-39-5401
*封筒に「教員応募書類(放射線化学部門)在中」と朱書きし、簡易書留、レターパック、EMS、その他法令で認められる送付方法により、送付記録の残る方法で送付してください。

12.選考結果の連絡

平成30年10月下旬(予定)

13.問い合わせ先

〒036-8564 弘前市本町66-1
国立大学法人弘前大学被ばく医療総合研究所
TEL:0172-39-5401
E-mail:jm5401@hirosaki-u.ac.jp

ダウンロード


  • 福島県浪江町支援活動
  • 教員公募情報
  • アクセス
  • お問合せ
  • 国立大学法人 弘前大学
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
  • 高度実践被ばく医療人材育成プロジェクト
  • 弘前大学大学院保健学研究科
  • 放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
ページトップへ