HOME プルトニウム同位体の迅速分析法に関する研究成果が「Scientific Reports」誌に掲載(放射線化学部門)

プルトニウム同位体の迅速分析法に関する研究成果が「Scientific Reports」誌に掲載(放射線化学部門) 2018.02.09

 放射線化学部門の山田正俊教授と量研機構放医研、米国サバンナリバー国立研究所との共同研究の成果が英国科学誌「Scientific Reports」に掲載されました(国際共著論文)。
 本研究では、福島原発事故の影響を評価するために、共沈殿、抽出クロマトグラフィ、二重収束型誘導結合プラズマ質量分析法(SF-ICP-MS)などを駆使し、海水中のプルトニウム同位体の新たな迅速分析法を開発しました。これにより12時間でプルトニウム同位体の分析が可能となりました。この方法を用いて西部北太平洋から採取した海水を分析した結果、事故由来のプルトニウム同位体の有意の増加は検出されませんでした。

[掲載論文]
Wu Men, Jian Zheng, Hai Wang, Youyi Ni, Tatsuo Aono, Sherrod L. Maxwell, Keiko Tagami, Shigeo Uchida and Masatoshi Yamada:
Establishing rapid analysis of Pu isotopes in seawater to study the impact of Fukushima nuclear accident in the Northwest Pacific.
Scientific Reports, 8, 1892 (2018) DOI:10.1038/s41598-018-20151-4

 なお、この論文はオープンアクセスで以下のURLからフリーでダウンロードできます。
https://www.nature.com/articles/s41598-018-20151-4.pdf






  • 福島県浪江町支援活動
  • 教員公募情報
  • アクセス
  • お問合せ
  • 国立大学法人 弘前大学
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
  • 高度実践被ばく医療人材育成プロジェクト
  • 弘前大学大学院保健学研究科
  • 放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
ページトップへ