HOME I-129に関する研究成果が「Scientific Reports」誌に掲載(放射線化学部門)

I-129に関する研究成果が「Scientific Reports」誌に掲載(放射線化学部門) 2018.01.19

 放射線化学部門の楊国勝研究機関研究員らの研究チームの研究成果が英国科学誌「Scientific Reports」に掲載されました。
 本研究では、トリプル四重極誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-QQQ)を用いて、福島県内から採取した60の土壌試料中のI-127濃度(0.121-23.6 mg/kg)、I-129濃度(0.962-275 mBq/kg)及びI-129/I-127比((0.215-79.3)×10-7))を分析し、I-131の分布を再現しました。また、Cs-135、U-236、Pu-239、 Pu-240の結果とともに解析して、福島第一原子力発電所事故により環境中に放出された放射性核種の中でCs-135とI-129が比較的よい相関があり、データのほとんどないCs-135を放射性ヨウ素から大まかに推定できることを明らかにしました。

[掲載論文]
Guosheng Yang, Hirofumi Tazoe & Masatoshi Yamada:
Can 129I track 135Cs, 236U, 239Pu, and 240Pu apart from 131I in soil samples from Fukushima Prefecture, Japan?
Scientific Reports, 7, 15369. DOI:10.1038/s41598-017-15714-w (2017)

 なお、この論文はオープンアクセスで以下のURLからダウンロードできます。
http://www.nature.com/articles/s41598-017-15714-w






  • 福島県浪江町支援活動
  • 教員公募情報
  • アクセス
  • お問合せ
  • 国立大学法人 弘前大学
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
  • 高度実践被ばく医療人材育成プロジェクト
  • 弘前大学大学院保健学研究科
  • 放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
ページトップへ