HOME 研究所長あいさつ

研究所長あいさつ


被ばく医療総合研究所
所 長  床次 眞司

 弘前大学被ばく医療総合研究所は、平成22年3月に被ばく医療教育研究施設として設置され、同年10月に研究所と改名しました。本研究所は万が一の放射線被ばく事故への備えとして、被ばく医療のための人材育成と被ばく線量評価などについての基礎的研究を進めて参りました。
 平成23年3月11日に発生した東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故後の弘前大学の対応では、本研究所メンバーは中心的な役割を果たし、その過程で様々な学術的な情報発信も行い、これら成果は国内外で高く評価されています。福島原発事故への支援の一環として、全学組織である「福島県浪江町復興支援プロジェクト」にも取り組んでおります。
 福島原発事故への対応を受けて、国の原子力災害対策指針が改正され、原子力災害時および平常時における被ばく医療体制が大きく見直され、本学は平成27年8月26日に原子力規制委員会より原子力災害に対応する医療施設「高度被ばく医療支援センター」および「原子力災害医療・総合支援センター」に指定されました。また、原子力規制庁による人材育成事業や国内共同利用・共同研究の拠点化を目指した事業に着手しました。さらに、アジア・アフリカを中心とした部局間協定を締結して国際共同研究を開始しました。特に、カメルーン、インドネシア、タイなどの大学や研究機関と連携を強化して、本研究所の国際的な存在感を高めてきました。本研究所は、支援センターの業務を行うとともに、放射線科学および被ばく医療における安心・安全を確保するため、さらなる海外でのネットワークの拡大を図りつつ、国際的な教育研究の推進に取り組んで参ります。
 本研究所は、放射線生物学部門、放射線物理学部門、放射線化学部門の専任教員6名、被ばく医療学部門等の兼任教員4名と研究機関研究員2名、技術補佐員1名、事務担当8名からなる小さな組織ではありますが、弘前大学の機能強化の1つである「被ばく医療」を推進する放射線被ばく医療の専門家集団として、弘前大学の教育・研究の発展に貢献するとともに、地域ならびに大震災からの復興に今後も微力ながらも取り組んでいく所存です。
 関係各位のご指導、ご助言を切にお願い申し上げます。

  • 福島県浪江町支援活動
  • 教員公募情報
  • アクセス
  • お問合せ
  • 国立大学法人 弘前大学
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
  • 高度実践被ばく医療人材育成プロジェクト
  • 弘前大学大学院保健学研究科
  • 放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
ページトップへ