HOME 被ばく医療学部門

被ばく医療学部門

研究概要

 被ばく医療学部門では、本研究所他部門メンバーと連携し、被ばく医療に関連するテーマについて研究を行っています。2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う放射線・放射能の人体への影響、被ばく個体の障害軽減治療方法の開発、生物学的線量評価に関する研究に取組んでおります。

研究室構成

  • • 教 授(兼任) 柏倉 幾郎

現在の研究テーマ

  1. 造血・免疫機構に対する放射線の影響評価
  2. 放射線曝露個体の薬物療法に関する検討
  3. 新規被ばく線量評価マーカーの探索
  4. インドネシア・スラウェシ島における高線量放射線環境住民の被ばく実態調査(生物影響)

最近のプロジェクト

  1. 科学研究費補助金・基盤研究A「放射線曝露個体に最適な治療法の開発」(研究代表者、平成28年~令和元年)
  2. 科学研究費補助金・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))「インドネシア・スラウェシ島における特異な放射線環境での住民の被ばく実態調査」(研究分担者、平成30年~令和2年)
  3. 環境省・原子力災害影響調査等事業(放射線の健康影響に係る研究調査事業)「浪江町民のための被ばく線量調査」(研究参加者)
  4. 弘前大学機関研究「グローバルネットワークを活用した低線量・慢性放 射線被ばく影響の解明」(研究分担者、平成30年~令和2年)
  5. 共同研究「新規金属錯体化合物のがん細胞に対する影響に関する研究」(研究代表者)

研究室の特徴など

詳細は下記参照下さい.
柏倉幾郎研究室HP:https://personal.hs.hirosaki-u.ac.jp/kashiwakura/

  • 福島県浪江町支援活動
  • 教員公募情報
  • アクセス
  • お問合せ
  • 国立大学法人 弘前大学
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
  • 被ばく医療人材育成推進プロジェクト
  • 弘前大学大学院保健学研究科
  • 放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
ページトップへ