HOME 放射線生物学部門

放射線生物学部門

研究概要

 遺伝子の担架体である染色体はDNA, RNAと核タンパクからなる構造体で、細胞分裂の中期に観察する事が出来ます。染色体の数や形は生物種に特有のものであり、この数や形に認められる変化を染色体異常といい、先天性異常やがん細胞に疾患発生の原因と思われる特徴的な異常が認められています。また、染色体異常は放射線や発がん物質によっても誘発され、特に放射線被ばくでは放射線の線量と染色体異常の頻度には相関関係があることから、放射線被ばく事故の被ばく者の線量推定に用いられています。放射線生物学部門では,迅速かつ高精度な細胞遺伝学的線量評価法の開発・改良を目的として,放射線によって誘発される染色体異常の分析を行うと同時に、放射線による発がんのメカニズムについても基礎的研究を推進しています。また、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故によって被災した浪江町の支援を行っています。

図1.放射線によって誘発された染色体異常(矢印) 図2.染色体ペインティング法による染色体転座解析

研究室構成

  • • 教 授     吉田 光明
  • • 准教授(兼任) 三浦 富智
  • • 助 教     有吉 健太郎
  • • 技術補助員   佐藤 佑樹、浅利 郁江
  • • 大学院生    藤嶋 洋平

現在の研究テーマ

A. 浪江町復興支援プロジェクト
  1. 染色体異常を指標とした18歳以下の子供たちの初期被ばく線量評価 2013年1月~
  2. 野生動物(ネズミ、魚、サル、アライグマ等)を対象とした放射線影響調査 2011年秋~
        (東北大学、新潟大学、山形大学との共同研究)
  3. 被災ペットの内部被ばく検査 2013年11月~
B. 基礎研究プロジェクト
  1. 放射線誘発悪性腫瘍の発生に関与する染色体異常の解析
  2. 緊急被ばく医療・医療被ばくにおける生物学的線量評価法に関する研究
    • ・PCC法の最適化と染色体凝縮機構の解析
    • ・細胞小器官を標的とした放射線被ばくマーカーの探索
    • ・染色体異常を指標とした放射線防護剤の探索
  3. 放射線発がんと晩発影響に関する研究
    • ・染色体異数化と発がんとの関連解析
    • ・放射線による遺伝的不安定性誘発メカニズムの解析

実験室・設備

図3.サイトジェネティック
自動スキャンニングシステム
図4.自動細胞固定装置、
自動染色体標本作製装置

最近のプロジェクト

  1. 文部科学省科学研究費補助金(基盤(C))「PCCとPNA-FISHによる二動原体染色体解析の被ばく線量評価への適用性の検証」研究代表者:吉田光明(平成25年~平成27年)
  2. 文部科学省原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ「子ども被ばくによる発がんリスクの低減化とその機構に関する研究」研究分担者:吉田光明(平成25年~平成27年)
  3. 文部科学省科学研究費補助金(基盤(C))「低線量被ばくにおける染色体解析を用いた生物学的線量評価方法の確立」研究分担者:吉田光明(平成25年~平成27年)
  4. 文部科学省科学研究費補助金(基盤(B))「細胞周期進行指標の放射線感受性評価への応用と染色体異常頻度に及ぼす背景因子の解明」研究分担者:吉田光明(平成26年~平成28年)

研究室の特徴など

1.主な設置機器・設備
  • ・自動細胞固定装置、自動染色体標本作製装置、バイオハザードクリーンベンチ(3台)
  • ・サイトジェネティック自動スキャンニングシステム(3台)
  • ・リロケーション顕微鏡システム(1台)
2.国内及び国際協力関係
  • ・染色体ネットワークメンバー(国内)
  • ・国際保健機構(WHO) 生物学的線量評価ネットワークBioDoseNet メンバー
  • ・国際保健機構(WHO) 緊急被ばく医療ネットワークREMPANメンバー
  • ・IABERD(International Association of Biological and EPR Radiation Dosimetry) Scientific Committeeメンバー
  • 福島県浪江町支援活動
  • アクセス
  • お問合せ
  • 国立大学法人 弘前大学
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
  • 高度実践被ばく医療人材育成プロジェクト
  • 弘前大学大学院保健学研究科
  • 放射性物質環境動態・環境および生物への影響に関する学際共同研究
  • 弘前大学放射線安全総合支援センター
  • 被プロネット
ページトップへ